Techcrunch Disrupt 2010(Sept 27-29th)に参加するためにサンフランシスコに旅立つことになりました。

極東の島国に別れを告げて、遠くアメリカ西海岸へと出発。
今回はすべてアメリカンテイストで行きたいので飛行機もデルタ航空をチョイス。
約10時間の空の旅です。

IMG_0701.JPG


ちなみに飛行機の中ではまったく眠れなかったので、iPadのKindleアプリでひたすら本を読んでいました。
飛行機のお供に最適です。


9/24(Fri) AM8:30  サンフランシスコ国際空港に到着

IMG_0704.JPG


気温は16℃、湿度は50%くらいでカラッとしていて気持ち良い朝です。
僕にとっては本土初上陸。
さて、カンファレンス以外はほぼノープランだったため、到着直前になにしようか悩んでいましたが、平日ということもあり、早速シリコンバレーに行くことにしました。

"待ってろ!シリコンバレーのベンチャーたち!"


空港からシリコンバレーは電車を乗り継いでいきます。
まずはBART(バート)で空港からSan Bruno、乗り換えてMillbraeへ行きます。

IMG_0705.JPG


この後はCultrain(カルトレイン)に乗り換えて、シリコンバレーへ一直線です。
3回以上乗り降りするならDay Passがいい、という情報を何処からか得ていたので、
広範囲をカバーした$19のDay Passを購入。


IMG_0709.JPG


「今何時?」とか「でっけー荷物持ってるんだね。」とか割と気さくに話しかけられながら、電車に揺られること約30分。
Stanford Universityのそびえ立つPalo Altoへ到着です。
この辺からがシリコンバレーと呼ばれるそうです。

IMG_0736.JPG


平日はここに写るシャトルバスが無料で用意されていて、スタンフォード周辺を行き来してくれます。
予想はしていましたが、ひとつの大学とはいえ、かなり広くてキャンパスや施設の移動にバスや自転車が必要です。


IMG_0713.JPG

IMG_0727.JPG

写真は禁止されていたので撮れませんでしたが、メモリアルチャーチという教会は圧巻でした。創始者スタンフォードの死後、その妻が建てた教会だそうです。

さて、いろいろ見て回ったらちょうどお昼になったので、
なにやら学生で賑やかなホールのSubwayに立ち寄りました。
自分のオフィスから徒歩1分のところにもSubwayありますが、今日が初Subwayです。
(この日のために食べなかったんだな、たぶん。。。)

IMG_0719.JPG

6inchの日本でいう通常サイズにしたわけですが、スタンフォードの学生たちは、
みんなその倍のサイズを食べています。
その食欲もさすがですが、サイドメニューも合わせると$12ちょっとくらい使うわけですね。
いあー、リッチです。

その後仲良くなったスタンフォードの本屋のおじさんが教えてくれた施設に行ってみましたが、なんで僕がここをレコメンドされたか分からないので、写真は割愛です。。。

さて、約3時間、スタンフォードを満喫して、続いて向かうはGoogle!
シャトルバスでPalo Altoへ戻り、そこから再度カルトレインに乗って、
Mountain View駅へ行きます。

IMG_0739.JPG


えーと、駅前にでっかく"Google"と書かれたオフィスを想定していたのですが、
どうやらそんなことはないようで、大きな建物もなく、自然豊かな田舎というイメージです。。。

場所をちゃんと調べてなかったので、GoogleマップでGoogleplexを調べてみたわけですが、
ルート検索すると"約8分"ということなので歩くことにしました。
途中でiPhoneの電源入れると話に聞いていたとおり、"Google WiFi"が使えました。

いやー、あのGoogleを見られるということでハイテンションで歩いていましたが、
歩いても歩いてもまったく着かないんですよ、これが。。
ほとんど地図が進まないわけですね。

これはおかしいと思ってもう一回Googleマップを見てみたら、
さっきの"8分"というのはどうやら車で移動した場合らしいです。
はい、車を基準に考える距離だったわけですね。

後でこの距離を調べてみたら、日本なら渋谷〜四ッ谷くらいらしいですw
本当に長い長い道のりでしたが、約1時間後に到着しました。

IMG_0753.JPG

建物には入れませんが、社員たちがくつろいでいる中庭には入れました。
そのど真ん中で堂々とGoogle WiFiをMacBookとiPhoneにつないで、しばし作業してみます。

もう少し進んでみると、Googlerたちがビーチバレーをしているではありませんか。
時間は午後2時。完全にワーキングタイムですが、彼らはそんなこと気にしませんw

IMG_0751.JPG

科学者たちへの敬意か、多くの科学者の像がありました。

IMG_0752.JPG

GooglerたちはGoogleカラーの自転車でオフィスを行き来します。
高さはあまりなく、横に広ーいオフィスを一巡し、Googleに別れを告げます。
駅まで歩いて帰るのはさすがに厳しすぎるのですが、とりあえず来る途中で見かけた、
博物館に行くことにしました。
Googleplexから10分くらいのところに、コンピュータ博物館があります。

IMG_0755.JPG

入場は無料で、昔のコンピュータなどが展示されていました。
2階ではIT界隈と見られる人々が集まっていてちょっとしたセミナーが開かれていました。

IMG_0758.JPG

ひとつのセッションに潜入してみると、DSLやらJavaやらの議論がされていました。
深く会話に参加することもできないので、博物館は30分くらいで去ることに。

さて、そこから次はどこへ行こうか考えていましたが、
やっぱりGoogleの次は?ということで(?)、Apple Computerへ行くことに。
Appleも最寄はマウンテンビューらしいですが、駅の反対側プラスこれまた駅から遠い、
のでタクシーを見つけることにします。
ただ、なかなかタクシーが見つからないわけですね。。。
大きな通りでしばらく待って、ようやくYellow Cabを拾うことに成功。
Yellow Cabはとりあえず黄色い車です。覚えておいて損はありません。

行き先を"Apple Computer"と伝えて、さぁ出発!!!

えー、せっかくなのでタクシーのお兄さんにいろいろ話しかけてみましたよ。
ただですね、これがですね、まったく聞き取れないわけですね。。
あのレアジョブのクリアな英語じゃないわけですね。。。
ほとんど会話になっていないわけですが、こっちが言いたいことを一方的に投げつけてきました。

IMG_0760.JPG

コンピューター博物館からAppleまで$32くらいでした。
ということはGoogleからAppleは$40くらいあればタクシーで行けると思います。
余談ですが、あと$10くらい払えば、格安航空会社でSan FranciscoからLos Angelesまでいけるはずです。

ということで、着きました、Appleです。
Macbook Pro, iPhone, iPad, 僕もこの1年で立派なApple信者になりましたw
その本丸です。

IMG_0762.JPG

IMG_0764.JPG

オフィスの隣にCompany Storeというのがあって、通常のApple StoreにはないTシャツ、マグカップや文房具が売られています。
Infinity Roopというオフィスの周りを囲んだ道があるのですが、ほぼ中には入れないですし、これぞApple!といったモニュメントとか表札があるわけでもないので、このCompany Storeが開いている平日の昼間に行く事をお勧めします。

と、1時間くらいいようと思っていましたが、あまり見るところがないので、Storeでいろいろ買い物して、すぐに帰ることにしました。
またタクシーでマウンテンビューに戻ります。

先ほどのタクシーですっかり自信をなくした僕ですが、懲りずに積極的に話しかけてみます。すると、まぁ、今度はちゃんと会話のキャッチボールが成立するわけですね。
相手によってここまで違うものか、と発見するとともに自信を取り戻します。

その後ボーっと外を眺めていると、なにやら見覚えのある看板が!!
マウンテンビューの駅から近かったので、タクシーを降りて引き返すことにしました。
その看板とは・・・

IMG_0766.JPG

そう、EVERNOTEです。
こちらは話題のベンチャーとはいえ、まだそこまでオフィスは大きくなく、扉を開けるとすぐに声かけられてしまいそうなロビーだったので、外観だけ見て終わりにしました。
(大きくないといっても日本のベンチャーに比べればめっちゃでかいです。。)

まだまだ見たい企業はありましたが、今日はそんなところでサンフランシスコへ向かうことにしました。
帰りもカルトレイン&バートです。

IMG_0770.JPG


僕はシビックセンター付近のホテルを予約したので、バートのCivic Centerで降ります。
シビックセンターとは日本でいう市庁舎のことですが、めちゃくちゃ大きな建物です。

IMG_0781.JPG

IMG_0779.JPG


方向がまったく分からず、やや迷ってしまいましたが、無事ホテルに到着です。

IMG_0788.JPG

(ってめっちゃ暗くなってるけど。。。どんだけ迷ったんだ。。。www)
チェックインして、ちょっとくつろいだ後、ディナーを求めて、一人夜の街へ出かけます。
まったく分からないので観光ガイドとYelp.comを頼りにお店を探します。

最初によさげなお店を見つけたので店の前まで行ってみましたが、
店の前に礼儀正しい店員が2人立っているし、かっこいいスーツを着こなしたセレブ風な人ばばかりが入っていくので、Tシャツ&ジーンズのラフな僕は自重しておきました。

もう少し進んでお店を見つけたので、今日はここでディナーとします。
野菜クレープ、シーザーサラダ、ポークソテー(?)です。

IMG_0789.JPG

IMG_0791.JPG

IMG_0792.JPG

雰囲気も味も良いお店でした。
あまりにもフレンドリーすぎる店員さんはカウンター越しにサラダを食べながら話しかけてきますw

料理を食べ始めたところで「味はどう?」と毎回聞いてくるあたりは日本との違いを感じます。
日本でもお店によってはそうなんでしょうが、こっちは単に料理を出すだけではなくて、会話や気配りなどをひとつのサービスとして扱われているような印象を受けました。
そして、一丁前にチップを払って帰路につきます。

コンビニとまではいきませんが、Grocery Storeが遅くまでやっているので、そこそこ便利です。夜の分のドリンクを調達して、帰ります。

ホテルはWiFiが完備されているので、その後いろいろと作業して寝ました。
とこんな感じで、僕のサンフランシスコ一日目が幕を閉じました。

毎日をこれくらい楽しい日々にしたい、そう願う今日この頃です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
今日、1年間僕のそばで働いてくれた学生がフォリフを旅立った。
あっという間の1年間だった。

思い返せば2008年12月、僕は彼からmixiを通じてメッセージを受け取った。
まだ大学2年生だが、プログラミングスキルをつけて自分も事業を興したい、
といった旨のメールだった。

とりあえず会ってみると、いろいろとよく考えているなー、と思ったのを覚えている。
もともと2年になってから独学でプログラミングをやり始めたそうだ。
ただ限界があるから企業で学びたい、と。

その当時、フォリフはかなりプログラミングスキルの高い人しか採用しないと決めていた。
少人数でリソースぎりぎりでやっているため、教育にリソースを割けないからだ。

正直、迷った。。。

当時は会社設立以降でも一番しんどかったときかもしれない。
受託開発で負のスパイラルにはまってしまい、まったく面倒を見てあげられる余裕もなかった。

迷って、迷ったあげく、、、僕は彼を採用した。

なぜか?目が輝いていたからだと思う。そして、なによりもやる気があった。

スキルはないけど、やる気だけはある。
そんな彼はいつかの僕に似ているところがあった。


2006年1月、僕は赤羽橋にあるITベンチャー企業の門を叩いた。
それは僕が大学2年生のときである。

その前から独学で勉強していたけれど、実務で学んで、もっとスキルアップしたかった。
スキルはないけど、やる気だけは人一倍あった僕をその企業は採用してくれた。

その企業こそがドリコムである。


当時のドリコムと今のフォリフなんて比較できるレベルではないのだけれど、
僕がドリコムから学んだなにか大切なものを彼にも学んで欲しかった。

そして、そんな彼ならきっと腕を上げて、会社にも貢献してくれるだろう、と思った。


それから約1年、間違いなく彼はフォリフに大きな貢献をしてくれた。
まともにコードを書けなかった彼は一人でWebアプリケーションを構築できるまでに成長した。

僕は彼になにを教えてあげられたのだろう、、、と考えてしまうこともあるけれど、
彼は笑顔でフォリフから旅立った。


会社でアルバイトした期間、時期も当時の僕とほぼ一緒である。
そして、4月からも3年前の僕と同じ道を選ぶそうだ。

つらいことはたくさんあるだろうけど、逃げずに着実に前へ進んでほしい。
その先にはきっと君が描く世界が待っているはずだから。

そう、未来は明るい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
今日からアイティメディアさんにジョブターゲット求人検索APIを提供開始し、
ITmediaキャリア内に求人検索機能が追加されました。


career_result.JPG


こういった大きなメディアさんと提携できて本当に嬉しい限りです。

今回の検索API提供の狙いはプレスリリースに書いたのでそちらをご覧ください(↓)

フォリフでは、求人コンテンツを取り入れたいメディアを大募集しています。
メディアのメリットは下記の2つです。

・読者に新しい価値を提供できる
・収益を得られる

しかも、フォリフで手厚い開発サポートも可能なので、開発者のいない会社さんでも、
初期コストをかけずに簡単に導入することができます。

興味を持っていただいた方はお気軽にフォリフまで。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

===================================================
求人検索エンジン「ジョブターゲット」の検索APIを提供開始。
メディアにマッチした求人情報を簡単に掲載可能に!第一弾は「ITmedia キャリア」
===================================================

2010年2月3日

株式会社フォリフ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:熊谷祐二)は、
求人検索エンジン「ジョブターゲット」の検索APIを提供開始し、
第一弾としてアイティメディア株式会社が運営するキャリア形成支援サイトの
「ITmediaキャリア」(URL:http://www.itmedia.co.jp/career/)に
採用されたことを発表します。

■詳細

弊社では2009年9月に求人情報検索エンジン「ジョブターゲット」
を発表しました。「ジョブターゲット」では企業ホームページ、
求人サイトやハローワークをはじめ、インターネットに公開されている
あらゆる求人情報を一括で検索できます。

そして今回、ジョブターゲットの検索APIを外部に提供開始しました。
求人サイトを閲覧しない人の中にも潜在的な求職ニーズは存在します。
今回の取り組みではそういった層に対して普段閲覧しているメディアを通じて
求人情報を露出することで、新たな採用活動の実現を目指します。

収集した求人情報は職種、勤務地などの細かなフィルターにかけることで、
メディアの閲覧者にマッチした求人情報のみが掲載されるため、
高いコンバージョン率が期待されます。

メディアは求人検索を導入することで利用者に新たな価値を提供でき、
検索連動型広告も合わせて導入することで収益も上げられます。
導入にあたって弊社の充実したサポートを用意しているため、
開発者がいないメディアでも無償で簡単に導入することができます。

第一弾として採用された「ITmediaキャリア」では従来の求人コンテンツに加えて、
求人検索を導入することで利用者に新たな価値を提供しています。

検索APIはお申込いただいたメディアに対してのみ公開しているため、
導入を検討される方は下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

今後はニュースメディア、専門性の高いメディアを中心に求人検索と
シナジーを生めるメディアに対して検索APIを提供していく予定です。

ITmediaキャリア

ジョブターゲット 求人情報検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
11月19日(木)14:00~20:45に渋谷区立商工会館でIT系のイベントが開催されます。
IBMの勝屋さんと本荘事務所の本荘さんが主催です。
「ネットワークが生むイノベーション」がテーマで、8つのセッション、ネットワーキングパーティ、
キーノート、ショートプレゼンテーションが行われます。

詳細↓
http://eventforce.jp/event/896

そして、この中の1セッションに登壇させていただくことになりました。

■ 14:40-15:20 セッション5 20歳代経営者のチャレンジ

パネリスト 
・株式会社イデアルリンク 代表取締役 山本雄貴
・株式会社クリエイティブクラス  代表取締役社長 勝城嗣順
・コトバンク株式会社 代表取締役 小泉純/副社長 谷口諭
・株式会社フォリフ 代表取締役 熊谷祐二
・株式会社ポケラボ 代表取締役 後藤貴史/取締役 佐々木俊介
ナビゲーター
・コアピープル・パートナーズ 代表 本間真彦

どんな思いで起業したのか、若手起業家のやりがいはなにか、普段どんな悩みをかかえてるかなど20代の元気いっぱいの起業家が本音で語ります。20代、30代の方で人生の選択枝を考えだした人、考えている人には刺激があると思います。そして、パネリストの皆さんにバンバン尋ねてみてください。

こういったイベントでの登壇は初めてなので、緊張しますが、
聴衆の皆さんの役に立つ話がひとつでもできればいいかな、と思っています。
先日のIVS 2009 fall でも思ったのですが、登壇する人はある程度ぶっちゃけないといけませんね。

このセッション以外にも多くの著名人が講演したり、ネットワーキングパーティに参加したりと、
かなり濃いイベントになると思うので、時間のある方はぜひ参加してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
2009年10月13日、ライブドアさんが運営するブログパークに、
フォリフのブログ解析技術を提供し、流行語(トレンドワード)抽出機能がリリースされました。


blogpark.png


livedoor Blogのブログデータを毎日解析し、トレンドワードを抽出します。

この分野は以前から取り組んでいたものの、なかなか公開できませんでした。
ということで、フォリフにとっては待ちに待ったリリースです。
powered by forif です。

今回はライブドアさんのサービス内で採用いただきましたが、
ライブドアサービスに関係なくても livedoor EDGE Co.Lab で積極的に開発者/開発会社の支援をしていらっしゃるようです。

フォリフでは今後もこういった研究開発を続け、その結果を活かしてサービス開発を進めます。
JobTarget と本技術は一見すると関連性がないように見えますが、
表に出てこないところで研究開発で培った技術が活かされています。

フォリフは今後も技術力にこだわります。
なぜなら、、、

 Technology changes the rule  ~技術はルールを変える ~

からです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
ジョブターゲットのリリースを取材&掲載していただいたメディアのまとめ。(2009/9/14現在)

CNET VENTURE VIEW

japan.internet.com

そして、GMO-VP村松さんからもお言葉いただきました。感謝です。

フォリフ熊谷社長は学生エンジニア時代からのお付き合いだが大いに期待できる起業家だ

でへへw

おかげさまで多くの反響をいただいています。
利用者のみなさんからのフィードバックもいただいているので、
ひとつずつ課題をクリアして、日本一の求人バーティカルサーチを作ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
フォリフでは、9/9にインターネット上の求人情報を一括で探せる、
検索エンジン「ジョブターゲット」をリリースしました。

昨年の「転職in」に続いてのリリースですが、
今回も「仕事のマッチング精度を高める」ことをコンセプトにしています。

前回はそれが地方に特化した形で、その地方のマッチングを多くすることが目的でした。
今回はインターネットにある多くの求人情報を集めて、
その中からその人に合った求人情報を探せるようにすることが目的です。

ジョブターゲットの特長を下記にまとめます。

1.一括性

通常の求人サイトでは1サイトあたりの求人数が少なく、
自分に合った求人を見つけるまでに複数サイトで個別に検索するのが当たり前になっています。
ジョブターゲットを使うことで複数の求人サイトはもちろん、企業ホームページやハローワークなど、
多くの求人情報を一括で探すことが可能です。

2.検索性

従来の求人サイトに見られるディレクトリ型ではなく、キーワード入力で検索します。
これにより、大職種→中職種→小職種と選択していき、その後に検索ボックスに
勤務地や給与を入力させるような煩わしさを省いています。
1回目の検索時点で希望に近い求人のみを表示し、サイドバーにある給与、職種などの条件で、
ドリルダウン検索ができます。
従来の求人サイトにはない、軽快なユーザーインターフェースも特長です。

3.マッチング性

従来の求人サイトは誰にでも同じ検索結果を返します。
これではその人の希望に合った求人を見つけやすいとは言えません。
上記のとおり、ジョブターゲットではキーワード入力が必要になってきます。
そこで蓄積した検索ログや行動履歴を元にその人にターゲティングされた求人情報を配信する、
または検索結果を変動させることが可能です。

【トップページ】

【ジョブターゲット】トップページ.png
【検索結果】

【ジョブターゲット】検索結果1.png

今後は他メディアとの提携も視野に入れています。

一度使っていただき、忌憚のないフィードバックをください。

では、ジョブターゲットをよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
いくつかのインターネットサービスについてプレミアム会員サービスの価格と内容をまとめてみた。
毎月固定で課金されるサービスが今回の対象。

対象サイト: Yahoo!, mixi, ニコニコ動画, livedoor blog, はてなブックマーク, pixiv, COOKPAD(順不同)

大きく下記の3つにまとめられる。

1.便利な機能使えます

この機能があるとそのサイトがもっと便利になるタイプ。
mixiの日記装飾やCOOKPADの人気順検索などがこれにあたる。

2.余分なモノ省きます

無料サービスがゆえに付いてきてしまう余分なモノを省くタイプ。
livedoor blogの広告非表示やニコ動のニコ割OFFがこれにあたる。
広告の非表示はブログサービスや無料ホームページなどでは主流。

3.もっとハード(ウェア)使えます

保存できる容量が増えたり、回線速度を速くして(または一定に保って)くれる。
mixiの日記容量アップやニコ動のプレミアム専用回線などがこれにあたる。

2は前からあるパターンだが、他人が見に来るマイページの重要性が高くないと成り立ちにくい。
3は多くのハードを消費するわけだから、その分お金払ってね、というわけで非常に分かりやすい。
多くのサイトでこのパターンはできるはず。

1はどんなサイトでもいろいろ案は出てくると思うが、どこまでが無料でどこからが有料なのか、そのあたりの線引きが難しいと思う。
あと、ざっくりしすぎているので、もっと掘り下げて、どういった欲求に対して対価を支払っているのかをみていけば、多くのサイトでマネできるものが見えてくると思う。

あとは寄付的要素も興味深い。
実際にそのサイトが潰れるくらいなら寄付するよ、ってファンが多く存在するサイトもあるみたいだし。
ニッチであっても熱狂的なファンを作ったサイトはやはり強い。

Yahoo!みたいに人々のインフラになって、みんなから課金できるのはもちろん一番強いんだけど。

以下、対象サイトの機能等々の一覧。

Yahoo!Japan(月額346円)
・ヤフオクが使える
・5万曲以上の音楽が聴き放題
・10万本以上の動画を視聴
・コミック全巻無料や割引
・ワンクリック詐欺対策ソフト無料
・メールボックス容量拡大
・その他割引制度

mixi(月額315円)
・mixi動画容量の拡大
・日記装飾機能
・フォトアルバム容量の拡大
・日記検索
・日記容量の拡大
・メッセージ検索
・アンケート機能
・OpenIDの変更

ニコニコ動画(月額525円 or 90日1,680円)
・プレミアム専用回線
・低画質モード回避
・マイリスト登録数アップ
・ニコ割(時報)OFF
・動画の自動再生
・コメントカラー
・マイメモリー登録件数アップ
・過去ログ閲覧
・生放送優先視聴
・ユーザー生放送の配信
・アップロード可能動画サイズアップ
・アップロード可能ビットレート上限アップ
・優先アップロード
・保存容量アップ
・動画説明文
・モバイル版最長180分の物まで再生可能
・参加可能コミュニティ数アップ
・ニコニ・コモンズ楽曲のDL及び使用
・ニコニコ大百科の記事作成、編集権限
・ニコニコ市場の編集権限

livedoor blog(月額262円~)
・広告の非表示
・ドメインの設定
・サブドメインURLの設定
・アクセス解析
・ブログの非表示設定
・デザインの保存
・ブログデータのエクスポート
・FTPアクセス
・アフィリエイトIDの設定
・ブログ共通ヘッダーの非表示
・ブログサイドバーのバナーの非表示
・管理ページの広告の非表示
・メールサポート
・アフィリエイト専門サイトでのご利用
・PING送信
・ケータイサイト向けアクセス解析

はてなブックマーク(月額280ポイント[1ポイント=1円])
・ブックマークごとに公開・非公開を選べるアクセスコントロール機能
・ブックマークしたページ内容をメールで受け取る機能
・お気に入りユーザーをタグでグループ分けして管理する機能
・エントリーページのブックマーク推移をグラフで閲覧できる機能
・タグのスポンサーになる機能
・自分のブログのエントリーページで商品を紹介する機能

pixiv(月額525円)
・イベントコミュニティを作成できる
・イラストのキャプションで改行をしようできる
・pixiv主催の各種イベントに先行/優待申込できる
・pixivポイントが毎月2000ポイント加算される
・pixivポイントの維持手数料が無料になる

COOKPAD(月額294円)
・人気順検索
・登録レシピ数アップ
・MYニュースの登録人数アップ
・話題のレシピバックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
Rails2.2で動かしていたアプリケーションをRails2.3にアップデートしてから起動させたら下記のエラー。

   NameError in SessionsController#new
    uninitialized constant ApplicationController

いろいろ調べたところ、rails2.3からapplication.rb → application_controller.rbに名前が変更されたことが原因らしく、リネームしてあげれば大丈夫みたい。

下記のRailsGuidesによれば、次のコマンドで自動的にリネームしてくれるらしい。

    rake rails:update:application_controller

もちろん、下記でも良し。

    mv application.rb application_controller.rb

こういうのをこまめに残していくためにもTechブログを立ち上げようかどうか考え中。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!
BRANDELIがフジテレビの「とくダネ!」に取り上げられたことでアクセスが集中したらしい。
そのため、午前中にアクセスしてみたら↓


brandeli.png

とまぁ、アクセスできないときはそれなりに親切な対応を取ろうってわけで、
今日はブログとかtwitterで褒めている人を見かけた。
最近は「サイトメンテナンス中」にユニークなページを用意しておく対応があったりと、
そこまでめずらしいわけではないので、そこはスルー。

今日注目したのは↓

url.PNG

そう、URL。
これをみると、なんとこのファイルは、owabi.html という名前が付いている。

担当者が急いでこの名前付けたのか、意図しているのかわからないけど、なんかムズムズする。。。
(分かりやすいといえば分かりやすいけど)

やっぱりファイル名でローマ字ってのはどうなんだろ?って思っちゃうから、
個人的には apology.html とかにしたいな、と思う。

ちょっと遊んでみるなら、 gomennasai.html とか(笑 

とまぁ、人によっては単なるファイル名なんだから細かいこと言うなよってなるかもしれないけど、
エンジニアにとってこういうことはとても大切だと思う。

ファイル名に始まり、ソースコードではクラス名、メソッド名、・・・、データベースでは、テーブル名、カラム名、・・・
保守がしやすいとかそういうこともあるけど、それ以上にそういったセンスがエンジニアとしてモノをつくるときに影響を与えるんじゃないかな、と思ってみたりする。

(※owabi.html を批判しているわけではないので誤解なく)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

あわせて読みたいブログパーツ